メニュー

弔慰金・先進医療プラン

女性疾病プラン

特徴

月額1,000円からの掛金で、弔慰金と先進医療共済金を保障いたします!

先進医療とは

厚生労働大臣によって定められた、高度な医療技術です。

先進医療とは、今まで治療が難しいとされていた病気への高い効果や、治療における身体への負担軽減など、一般の保険診療で認められている医療の水準を超えた最新の先進技術として厚生労働大臣から承認された医療行為のことをいいます。

がん細胞以外も攻撃してしまうので、健康に悪影響を及ぼす可能性も…

がん細胞をピンポイントで攻撃するので、健康への悪影響が少ない。

※重粒子線治療は先進医療の一例として挙げているものです。また、重粒子線治療が全てのがん治療に有効なわけではありません。詳しくは医師など専門家にご相談ください。

主な先進医療の種類とその技術料

技術名 平均技術料 平均入院期間 年間実施件数
高周波切除器を用いた子宮腺筋症核出術 222,000円 11.5日 154件
陽子線治療
2,580,100円 18.3日 1,628件
重粒子線治療
2,990,100円 21.4日 1,053件
自己腫瘍・組織及び樹状細胞を用いた活性化自己リンパ球移入療法 376,200円
4.4日 166件
経皮的肺がんラジオ波焼灼療法 原発性又は転移性肺がん 208,300円 13.4日 77件

保障内容

弔慰金・先進医療プラン

すでにご加入のプランに関わらずお申込いただけます

月額共済掛金:1,000円

1人3口までご加入いただけます

加入年齢 60~64歳保障額 65~69歳保障額 70~74歳保障額 75~79歳保障額 80~84歳保障額 85~89歳保障額
弔慰金 570,000円 330,000円 170,000円 100,000円 60,000円 35,000円
先進医療共済金(限度額) 100万円 100万円 100万円 100万円 100万円 100万円

先進医療特約コース

「総合保障プラン」「青春共済プラン」「入院重点保障プラン」にご加入の方は、先進医療特約コースにもご加入いただけます!
1人3口までご加入いただけます

月額共済掛金 70円 90円 120円 230円 250円
  15~59歳保障額 60~64歳保障額 65~69歳保障額 70~74歳保障額 75~79歳保障額
先進医療共済金(限度額) 100万円 100万円 100万円 100万円 100万円

共済金をお支払いできない主な場合

●責任開始日前に発生した不慮の事故による傷害または発病した病気を原因とする場合(ただし、責任開始日からその日を含めて2年を経過した後に受けた療養を除きます)●ご契約者または被共済者の故意または重大な過失(ただし、責任開始日からその日を含めて2年を経過した日以後の自殺を除きます) ●共済金受取人の故意または重大な過失 ●被共済者の犯罪行為 ●被共済者の精神障害または泥酔の状態を原因とする事故 ●被共済者が法令に定める運転資格を持たないで運転している間に生じた事故 ●被共済者が酒気帯び運転またはこれに相当する運転をしている間に生じた事故●地震、噴火またはこれらによる津波 ●戦争その他の変乱 ●頸部症候群(いわゆる「むちうち症」)または腰痛でいずれも医学的他覚所見のないもの(原因のいかなる場合も問いません) ●被共済者の薬物依存