メニュー

女性疾病プラン

女性疾病プラン

特徴

女性特有の部位の保障はもちろん、全身をサポート
女性特有の疾病で入院した場合、入院保障共済金と手術共済金に女性疾病入院共済金と女性特定手術共済金が上乗せされます。女性の方には、大変有利な安心保障です。
この保障は個人でもご加入いただけます。

メリット

  • 女性疾病の対象が広い
    乳房・子宮・卵巣・卵管・帝王切開などはもちろん、ガン・甲状腺・間接リュウマチ・貧血などの疾病も対象になります
  • 女性特有の病気で入院
    入院保障共済金(5千円/日)+女性疾病入院共済金(5千円/日)=1万円
    ※日帰り入院から保障。
  • 女性特有の手術を受けたとき
    乳房・子宮・卵巣・卵管・帝王切開などの手術を受けたとき
    手術共済金(5/10/20万円)+女性特定手術(5/10/20万円)=合計金額
  • 乳房の再建手術を受けたとき
    一乳房につき1回のみ、25万円
  • 先進医療共済金
    受療された先進医療の技術料と同額
    ※支払限度:支払額を通算して300万円
    ※他のプランに含まれる先進医療と重複してお支払いいたしません。
  • 診断書作成費用
    診断費用共済金として、女性疾病プランの共済金が支払われるとき 5,000円
  • 死亡共済金
    ケガや病気により死亡されたとき 30万円
    ※責任開始日から2年以内に被共済者が自殺された場合は死亡共済金をお支払いしません。

女性に多いがんとは

乳がんの患者数が特に多く、注意が必要です。

乳がんの患者数は胃がんの2倍と、特に多い状況です。その他、女性特有の子宮がんや卵巣がんも心配です。定期的に診察をつけたり、がんに対する医療保障を用意しておくと安心です。

女性に多いがんとは

先進医療とは

厚生労働大臣によって定められた、高度な医療技術です。

先進医療は、厚生労働省により承認された特定の医療機関で行われ、先進医療にかかる費用は公的医療保障の対象とならないため、高額になる場合があります。

主な先進医療の種類とその技術料

技術名 平均技術料 平均入院期間 年間実施件数
固形がんに対する重粒子線治療 3,107,095円 33.2日 453件
悪質腫瘍に対する粒子線治療 ,851,409円 34.4日 533件
先進医療とは

例えば…

乳がんにより一乳房の乳房切除術と乳房再建手術を同時に受け、10日間入院された場合

例えば

保障内容

ケガや病気で入院したとき 入院保障共済金 1日につき5,000円
(支払い限度:1回の入院につき180日、通算730日)
上記に上乗せ
女性特有の病気で入院したとき
女性疾病入院共済金 1日につき+5,000円
手術を受けたとき 手術費用共済金 ケガやびょうきによる手術の場合、手術の種類に応じて
5万円・10万円・20万円
上記に上乗せ
乳房、子宮、卵巣、卵管、帝王切開などの手術を受けたとき
女性特定手術共済金 手術の種類によって+5万円・10万円・20万円
乳房の再建手術を受けたとき 乳房再建共済金 25万円
(支払い限度:一乳房につき1回のみ)
先進医療による療養を受けたとき 先進医療共済金 受療された先進医療の技術料と同額
支払限度:支払額を通算して300万円
先進医療による技術料と同額の共済金を限度とし、他のプラン等に含まれる先進医療を重複してお支払いいたしません
ケガや病気により死亡されたとき 死亡共済金 30万円
責任開始日から2年以内に被共済者が自殺された場合は死亡共済金をお支払いしません。
女性疾病プランの共済金が支払われるとき 診断書費用共済金 5,000円

共済掛金一覧

加入年齢 15~59歳 60~64歳 65~69歳 70~74歳 75~79歳 80~84歳 85~89歳
月額共済掛金 1,740円 2,870円 3,770円 6,090円 7,510円 10,130円 13,990円

共済金をお支払いできない主な場合

●責任開始日前に発生した不慮の事故による傷害または発病した病気を原因とする場合(ただし、責任開始日からその日を含めて2年を経過した後に受けた療養を除きます) ●ご契約者または被共済者の故意または重大な過失 ●共済金受取人の故意または重大な過失 ●被共済者の犯罪行為 ●被共済者の精神障害または泥酔の状態を原因とする事故 ●被共済者が法令に定める運転資格を持たないで運転している間に生じた事故 ●被共済者が酒気帯び運転またはこれに相当する運転をしている間に生じた事故 ●地震、噴火またはこれらによる津波 ●戦争その他の変乱 ●頸部症候群(いわゆる「むちうち症」)または腰痛でいずれも医学的他覚所見のないもの(原因のいかなる場合も問いません) ●被共済者の薬物依存 など